LEDを用いたジャガイモの緑化防止照明装置について

馬鈴薯は北海道を代表する作物です。
長期貯蔵が可能ですが蛍光灯の光や紫外線などで緑化が進み、
緑化によって食中毒成分のソラニンも増加する商品価値が低下します。

そのため貯蔵庫内の入出荷作業は光を当てないよう暗い環境下で作業をしています。
しかしフォークリフト作業などの安全面に問題があることから緑色の蛍光灯などを付けて
作業をしている施設もあります。

このたび、北海道電力㈱の特許技術と昭和電工LED技術を基に、
LEDを用いたジャガイモ緑化防止証明装置を開発し販売することになりました。

数年前から、北海道電力、北海道セイカン工業、環境調節設備施工の田尻機械、の3社で試験を実施し
今金町農業協同組合で実証試験も行っております。
詳しい内容は下記リンクでご確認ください。
LED緑化防止照明装置ご案内資料

お問い合わせはこちら
農業用鉄コンテナ・メッシュコンテナ・スチールコンテナの詳しい情報はこちら
北海道セイカン工業の農業用鉄コンテナ納品実績はこちら

このページのトップへ