農業用鉄コンテナの使用前点検について

スチールコンテナ セイカン工業 芋 メッシュコンテナメッシュボックス セイカン工業 玉葱

野菜や米麦を収容するスチールコンテナやメッシュコンテナを安全に使用するためには
定期的なメンテナンス(使用前点検)が必要です。

安全にメッシュ・スチールコンテナを使用して頂くためにも最低限の使用前点検のポイントをご紹介します。

まず、溶接が剝がれている箇所がないか確認しましょう。
メッシュコンテナは、縦の線材と横の線材がスポットで溶接されています。
その溶接が剝がれていないかを確認してください。
スチールコンテナは、溶接箇所は多くありませんが、その分1つの溶接剝がれが強度に大きく影響しますので
しっかり確認してください。
溶接が剝がれている場合は、そのままにせず溶接修理をしてください。

次に、鋼材が曲がって組立てできない部材がないかを確認します。
メッシュコンテナやスチールコンテナのハンドルが入らなかったり、スチールコンテナのピンが入らない場合は
必ず部材の変更か、補修を行ってください。
針金や紐でムリヤリ固定して使用することは絶対に避けてください。非常に危険です。

脚部が破損・変形している鉄コンテナがないかを確認してください。

もし溶接剝がれや破損、変形などしている、メッシュコンテナ・スチールコンテナがあった場合は、メーカーに修理依頼をするか
部品を取り寄せて修理をしましょう。

収穫が始まり、鉄コンテナを使用中も溶接剝がれ、破損、変形などは点検してください。

メッシュコンテナやスチールコンテナは点検・修理しながら使用すると長い期間ご使用頂けます。

収穫時期の前には必ず使用前点検をしましょう。

お問い合わせはこちら
農業用鉄コンテナ・メッシュコンテナ・スチールコンテナの詳しい情報はこちら
農業用鉄コンテナ・メッシュコンテナ・スチールコンテナの実績紹介はこちら

このページのトップへ