農業用鉄コンテナの大きさの違いについて

メッシュコンテナ 農業用鉄コンテナ 玉葱収穫

農業用鉄コンテナは農作物の収穫時や貯蔵、輸送などに利用する容器です。
収穫の仕方や農作物の形状などにより、農業用鉄コンテナも数多くの種類があります。
スチールコンテナやメッシュコンテナなど構造の違いもありますが、
今回は、「大きさ」についてご紹介したいと思います。

芋や玉葱など収穫の機械化が進んでおり一度に大きな量を収穫する作物などは
高さが1400程度ある大きなサイズの農業用鉄コンテナを使用しています(地域によります)。
これを「大コン(おおこん)」と呼んだりもします。
寸法的には間口が約1700~1800、奥行きが約1100~1200、高さが約1300~1400(㎜)くらいのコンテナです。
スチールコンテナではS-1、S-30Lなど。メッシュコンテナではM-1、M-3、M-4Uなどの機種がそれに該当します。

農業用コンテナ スチールコンテナ 玉ねぎ用コンテナ 農業用コンテナ メッシュコンテナ 種イモ005

収穫機械に鉄コンテナを積載し、収穫機械から鉄コンテナに直接作物を投入していく方式が多いです。

機械化が進んでいてもキャベツのような柔らかい作物は、大コンはあまり使いません。
大きくて深さのある鉄コンテナに入れてしまうと下の方のキャベツが傷んでしまうからです。
そのため、高さが800~1000(㎜)くらいの大きさの鉄コンテナを利用します。
これを「ハーフコンテナ」と呼んでいます。
スチールコンテナではS-11W、NS-120W、メッシュコンテナではMM-11、MC-1-100、MJ-14などの機種がそれに該当します。

農業用鉄コンテナ キャベツ メッシュコンテナ コンテナチラシ①

また、長芋やゴボウ、南瓜などは、生産者の方が手作業で鉄コンテナに作物を投入することが多く、
そのため腰を折り曲げて入れることができるくらいの高さのハーフコンテナを利用します。

※生産者の方が手作業で鉄コンテナに作物を投入しなければならない場合は、
スチールコンテナでもメッシュコンテナでも、投入する側の面を中折れ方式にしておいた方が作業が楽になります。

農業用鉄コンテナのご利用と検討されている方は
収穫形態や作物、倉庫環境や輸送形態などにより、選定される機種も変わりますので
農業用鉄コンテナ専門メーカーの北海道セイカン工業にお気軽にお問合せください。

お問い合わせはこちら
農業用鉄コンテナ・メッシュコンテナ・スチールコンテナの詳しい情報はこちら
農業用鉄コンテナ・メッシュコンテナ・スチールコンテナの実績紹介はこちら
北海道セイカン工業の公式 鉄コンテナサイトはこちら

このページのトップへ