鉄コンテナ実績紹介| 鉄コンテナを使った穀物集荷貯蔵

鉄コンテナでの穀物の集荷貯蔵

穀物の集荷貯蔵は、紙袋、フレコンパック、バラ集荷、スタンドバックなどの方法がありますが、
北海道では鉄コンテナでの集荷貯蔵が主流です。

鉄コンテナ 穀物 米麦 セイカン

収穫した穀物が一度に施設に持ち込まれてしまうと、施設の乾燥能力を超えてしまい穀物をのせたトラックが滞留してしまいます。
そのため半乾の状態で鉄コンテナに入れて持ち込みしてもらい、施設では穀物の入った鉄コンテナを荷下ろしし貯蔵。
乾燥能力に合わせて順次、乾燥していく流れです。

穀物用鉄コンテナ

鉄コンテナ 穀物用 メッシュコンテナ

穀物用鉄コンテナ セイカン メッシュコンテナ 米麦

鉄コンテナ 穀物用 メッシュコンテナ セイカン

最近では、フレコンバックやスタンドバックの利用が多かった東北や九州でも鉄コンテナでの集荷貯蔵が増えてきました。
自乾する場合の、一次保管用にホッパータイプのPOPも人気です。
穀物一時保管 予備乾燥 鉄コンテナ セイカン

鉄コンテナでの穀物集荷貯蔵をご検討の方はぜひお問合せください。

 

お問い合わせはこちら
農業用鉄コンテナ・メッシュコンテナ・スチールコンテナの詳しい情報はこちら
農業用鉄コンテナ・メッシュコンテナ・スチールコンテナの実績紹介はこちら
セイカンの公式 鉄コンテナサイトはこちら

このページのトップへ